子供と一緒にクリスマスカードを作る

クリスマスカード

親子でのイベントは年間を通じてとてもたくさんのものがあります。
お子様の誕生日をはじめとして、その他にも学校での運動会や授業参観、そしてクリスマスなどと色々な物がありますが、特にクリスマスは子供と一緒にクリスマスカードを作ることにチャレンジしてみると、おしゃれに、きれいに飾ることができるのでとても楽しい時間が過ごせます。

何か手作りをすることもなくクリスマスを迎えてしまうと、単純に子供たちがいない間にママが頑張って部屋の飾り付けをしてお料理を準備して、さらにはケーキを準備するといった形でクリスマスを迎えることになります。
子供と一緒にクリスマスカードを作れば、クリスマス当日だけではなく、その前からクリスマスに向けて楽しく準備をすることができますので、これだけでも子供たちの気持ちは高ぶりいつもより楽しい気持ちでクリスマスを迎えられるのではないでしょうか。

材料は身近なものばかりで作れる

クリスマスカードといっても身近にあるものばかりを使うようにすればコストもかからず、非常に簡単に作ることができます。
例えば白い輪ゴムやその他タコ糸などを使用して雪だるまのような形を作り、これを紙に貼り付けて雪だるまの顔を作ってあげるだけでもかわいらしいクリスマスカードに早変わりします。
スパンコールなどがあれば、このようなスパンコールで雪やその他にも星などを飾っても良いでしょう。

単純に折り紙を使用してサンタさんの形を折り、これを一回り大きな画用紙などに貼り付けてさらにさまざまな色で雪を降らせたり、星の飾りをつけたりするのも良いです。
またクラフトパンチがあれば、クラフトパンチを使って飾り付けをしても良いでしょう。

立体的なカードを作るのであれば、インターネット上にはさまざまなテンプレートがありますので、このようなテンプレートをダウンロードした上で画用紙を立体的に切り抜きポップアップカードを作りましょう。
マスキングテープを使用して可愛らしくクリスマスカードを作ることもできます。

ボタンや絵の具でもカード作り

ご自宅に4つ穴タイプのボタンがあれば、このようなボタンを使ってクリスマスカードを作ることもできます。
ボタンをクリスマスツリーの形に並べるようにタグに貼り付け、スパンコールや折り紙を使いながら周りの飾りつけをしてもよし、絵の具を使って子供たちの手のひらでサンタさんのおひげの形を作っても良いでしょう。

また上記の材料というのは、自宅になければ100円ショップなどでも簡単に購入することができますから、本当に身近にあるものだけで手作りのクリスマスカードを子供と一緒に作ることができます。
こうしたクリスマスカードがいつまでも思い出としてとっておくこともできるので毎年手作りのクリスマスカードを増やしてみてはいかがでしょうか?