サンリオピューロランド

乳幼児にとっては夢の国

サンリオピューロランドは、乳幼児が大好きなサンリオに登場するキャラクターがたくさん充実しているテーマパークです。
テーマパークというと子供が楽しめる場所という印象はあっても絶叫系のアトラクションなど小さな子供が楽しめるアトラクションが意外と少なかったりすることは多いもの。
しかしサンリオピューロランドでは、小さな子供のためのテーマパークなので、小さな子供にとっては園内の全てをくまなく楽しむことができる、まさに夢の国なのです。

サンリオピューロランドに足を踏み入れると、まず最初にサンリオのキャラクターがお出迎えしてくれて、一緒に写真撮影することができます。
どのキャラクターがお出迎えしてくれるかという点は公式ホームページでチェックすることができるので、お気に入りのキャラクターがいる子なら、その時間に合わせて来園するというのも楽しいでしょう。

怪我の心配がない事は大きな安心感

小さな子供を持つ保護者にとっては、楽しいアトラクションでも万が一子供が怪我をしてしまう心配はついてまわります。
サンリオピューロランドのアトラクションは、怪我の心配がない安全なアトラクションが充実しているので、小さな子供でも思い切り楽しむことができます。
例えば、部屋に入るとハローキティとお話ができたり、キティをはじめとするキャラクターたちが繰り広げるショーやミュージカルを見ることができたり、園内では一日数回のパレードを楽しむこともできます。
また、園内には隠しアトラクションなるものが設置されていて、子供達は隠れた場所にあるアトラクションを見つけるという冒険も楽しめます。
館内での写真撮影は全てOKなので、保護者にとっては子供達がアトラクションを楽しむ様子をしっかりと写真やビデオに収めることができますね。

年齢制限がないのが嬉しい

サンリオピューロランドのアトラクションには、年齢制限は一切設けられていません。
そのため、小さな赤ちゃんから大人まで全員がアトラクションを楽しむことができます。
園内はすべて屋内なので、天候や気温に関係なく来園すればいつでも同じように楽しめますし、授乳室やおむつ交換室も設置されているので、赤ちゃん連れでも安心です。

小さな子供と出かける場合には、ベビーカーが大活躍してくれますが、サンリオピューロランドは段差が多いため、安全性の面からベビーカーの使用はNGとなっています。
もしも持参した場合には、3階にあるインフォメーションセンターで預かってもらうことができるので心配いりません。
館内の移動は抱っこ紐が便利なので、持参すると良いでしょう。
また、外部からのお弁当などの持ち込みはNGとなっていますが、館内には離乳食にも対応しているレストランが設置されているので、お腹がすいた時にも安心ですね。